topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【せりか】こすげの行事はこすげ民みんなで盛り上げる!! - 2015.09.25 Fri

9月の小菅は朝夕はだんだんと冷え込んできました。・・・が,イベントの熱はボウボウと燃え上ってきているのを感じるこの頃です。

読書の秋
食欲の秋

などとも言いますが,昨年から私が感じる秋はイベントの秋!!


今年も13日には源流トレイルラン大会が行われ,小菅の人口と同じくらい・・・いや,もしかしたらそれ以上かもという方々が参加ランナーや応援に駆けつけていました。

s2015093015.jpg
小菅村からも唯一のランナー・石坂が今年も走破しました!!今回は自己ベストを更新!!!

それから約1週間後の19日,土曜日。
この日は午前中は小菅小学校の『すげのこまつり』
午後は中学校の体育館にて『敬老会』の2本立て。

小菅村の小学校と中学校は歩いて5分もかからない距離で,すげのこまつりと敬老会を“はしご”する方も少なくないようです。すげのこまつりの会場・小学校の体育館に行くと,中央の机では,じいばあが会話を楽しむ姿も多く見られました。また,私のような子どもがいない人も子どもに交じってわいわいとゲームやデザートを楽しんでいました。私も抹茶プリンやみたらし団子をいただき,的当てゲームを満喫。本当はもっと回りたかったのですが,どこも長蛇の行列でした。


s2015093014.jpg
このイベントには東京学芸大学の学生たちが毎年お手伝いに来ているそうで,老若男女が集う賑やかな会場となっていました。


そして,昼食を済ませた後は敬老会へ。



なぜ私が敬老会に行ったのかって?


そ・れ・は♡


s2015093011.jpg
これと! 


s2015093012.jpg
これが! 

見たかったからです。


なんとなんと!この敬老会では5月から協力隊をしている中村・寺田がこの敬老会でトランペットを披露することになっていたのです!!ちなみに,ピアノ伴奏は新任の保健師さん。
曲名は美空ひばりさんの『川の流れのように』・・・名曲です。

遠目に見てもガチガチな中村に対し,落ち着いた様子で演奏している・・・風に見えた寺田。
後から聞くと,寺田くんも震えていたそうです(笑)

201509306.jpg
 緊張から解放された直後の中村・・・まだ笑顔が引きつってます。

201509305.jpg
落ち着いて見えて,実は緊張していたという寺田。


しかし,観客のじいばあからは大好評だったようで,退場する時は「え?1曲だけ?!!」という雰囲気でした。来年はぜひアンコール用に2曲は演奏を聴かせてもらいたいですね!



そんな名残惜しさ漂う空気でしたが,それを一蹴したのがこの3人方。

201509307.jpg



この3名が披露したのは結婚式などおめでたい時に行われるという『巻藁射礼』というもの。
※「まきわらじゃれい」と読むそうです。

今回,小菅村民みんなの長寿を願いをこめた素晴らしい弓を魅せてくれました。

普段はバラバラに勤めるこのお三方ですが,小菅村弓道部(仮?)として村のじいばあの長寿と健康を願って弓を引きました。
その姿の圧巻されること!引く直前は会場はしーーーーーーーんとなり,息をのむ音も聞こえるようでした。

その緊張感・・・この写真で伝わるかな~~。

201509302.jpg


201509303.jpg


201509304.jpg


矢のとまる音と同時に,会場は糸が切れたように大きな拍手が鳴りました。普段とは違う男前な姿!本当にかっこよかったです!!



―さて,これで終わりかと思いきや,その次に登場したのは小学校の先生方!!

2015093010.jpg
ベルの演奏を披露して下さいました。 


曲はこれもじいばあにはよく知られている『荒城の月』。



ベルの音には自然とじいばあの歌声が重なってゆきました。ちょっと幻想的でした。




s2015093013.jpg
かーらーーの!!最後はマツケンサンバという締めくくり(笑)


端から見れば小学校の一イベント
         小さな村の一イベント

ですが,だからこそ出てくるみんなで盛り上げようという熱とやさしさを感じた1日でした。
「人が少ないからこんなもんだ」とは思わせたくない,思われたくない。もしかしたら,そういう意地もあるのかもしれません。個人的にはそういう意地,好きです。ステージに立つ皆さんやそれを見て驚いたり手を叩いて喜んだりするじいばあを見ていると,私もまたステージに立ちたくなりました(笑)
※今年の源流まつりでステージに立ちました。
スポンサーサイト

【やまぎ】小永田神代神楽に参加せていただきました! - 2015.09.07 Mon


みなさん、お久しぶりです!
フォレストアドベンチャーの山際です。

たくさんのお客さんでにぎわった夏休みも終わり、
小菅村にも平穏な日常が訪れています。
気温もすっかり下がり、夜などは半袖では肌寒い日が多くなってきました。
下界よりも一足早い秋を感じられる標高700mの小菅村です。


8月は各地でお祭りが開催されることが多いですが、
小菅村も例外ではありません。

今年は8月1日に三ケ村(田元・川久保・池之尻地区)箭弓神社の祭典
8月8日は橋立地区八幡神社の祭典、
そして9月5日に小永田地区熊野神社の祭典と、
夏休みに3か所で祭典が催されます。
(このほかにも少々時期が外れますが、
長作地区の観音様でも縁日が開催されます。)

小菅に越してきて2年間は、これら3ヵ所のお祭りを『見る側』でしたが、
今年は小永田地区の熊野神社の祭典にお誘いをいただき、
3年目にして初めて『出る側』として参加させていただきました。

小永田熊野神社の祭典では、お神楽が奉納されます。
小永田地区のお神楽は、山梨県では唯一の『神代神楽』であり、
村の無形民俗文化財にも指定されている大変貴重なものです。

DSC_0067_20150908104024644.jpg

※神楽は祭典などの際に神様を招くために奉納される舞のことで、
その中でも面をつけて『古事記』や『日本書紀』の神話を舞う神楽を
神代神楽(じんだいかぐら)と呼ぶそうです。

お祭りの数週間前から、仕事が終わった夜に地区の皆さんが集まり、
お神楽の練習を始めます。

DSC_0002_2015090810444524c.jpg

リズム感は自分でもないほうだと自負していますが、
初めて舞うお神楽の独特のリズムや身体捌きに
悪戦苦闘しながら、なんとか覚えました笑

2015小永田お神楽

自分の出番直前、衣装とお面をつけると
練習とは違った心地よい緊張感を感じました。

2015小永田お神楽02

当日、千秋楽を迎えた神楽演者の皆さん。

明治時代に東京都あきる野市から伝わったという小永田神楽。
130年以上の歴史と伝統のある行事に参加させていただけて、うれしかったと同時に、
多くの方がかかわってここまで続いてきたのだと感じます。村内の他地区から参加している方や、
村外から時間を作ってお神楽に参加されている方もいらっしゃいました。

歴史好きとしてはお神楽のストーリーを
もっと深く理解したいなとも思いました。

また来年も参加したいです!

【やまぎ】新年度ですね。 - 2015.04.03 Fri


みなさん、こんにちは。
フォレストアドベンチャーのやまぎわです。

3月が終わり、4月になりました。
いよいよフォレストアドベンチャー協力隊も3年目となり、
まとめの年に突入しました。

これからも精進していきます。


さて、先日3月29日(日)に道の駅こすげがオープンしました!
IMG_4062.jpg

盛大にオープニングセレモニーが行われ、初日から大繁盛でした!


IMG_4128.jpg
駐車場にもこんなに車が!!


IMG_4168.jpg

多摩川源流大学(東京農大)の「コスゲー祭」も同時開催でした。
こちらは3期協力隊の金城から詳細記事がアップされるかと思いますので、
期待して、首をなが~くして待つとしましょう!
(↑と、プレッシャーをかけておく 笑)

このほか、当日は村内外のみなさんによる出店も多くあり、
お越しいただいたお客様には楽しんでいただけたかと思います。


IMG_4161.jpg
フォレストアドベンチャーももちろん、隣接するキッズコーナーや
ボルダリング施設にもちびっ子たちの歓声(悲鳴?笑)が響き渡り、
本当に賑やかな1日になりました。


簡単ですが、道の駅オープニングデイレポでした!

【やまぎ】誰かが書く前に! - 2014.12.12 Fri

投稿したつもりが非公開設定になっていたようで、全く誰も目にも触れられていない状態でした(笑)
約1ヶ月の冬眠期間を経て、記事を公開いたします!


---------------------------------------------------------------


こんにちは~。
誰かが『このネタ』をブログに使う前に!と、キーボードを叩いているフォレストのやまぎーでございます。

『このネタ』というのは、先日このブログにも書いた「国道139号線 松姫バイパス開通」のことです!11月17日14時に供用開始となり、小菅村での生活に大きな変化がありました。ニュースで放映されたとのことなので、このブログをご覧の皆さんの中にもご存じの方もいるかもしれませんね。

小菅村には村外へ通じる道路が4本あります。東に奥多摩町方面、北に丹波山村方面、そして南に上野原市方面と大月市方面。このうち奥多摩町に通じる道路以外の3本に関してはすべて峠を越えて行かなければなりません。なかでも大月方面に通じる国道139号線は、大月市街地と小菅村は車でも約1時間かかり、標高1250mの松姫峠をつづら折りで、かつ幅員の狭い約30km(大月市街地-小菅村間)の道路によって越えていました。

しかし、今回の松姫バイパスは今まで約14kmの距離があった大月市深城ダム付近から小菅村小永田集落間を約4kmのトンネルで結び、大月市街地-小菅村間の所要時間が約30分になりました。

それに伴い、11月17日(月)に「国道139号線 松姫バイパス開通記念式典」が小菅村で執り行われました。2001年の着工から10年以上の歳月を経て開通に至ったそうです。地下深くに3kmのトンネルを掘る工事ですので、難工事だったのだと思います。さらに、午後2時前にはトンネルの開通を待つ車の行列ができたとか…。いかに小菅村の多くの皆さんが待ち望んだトンネルだったかということがわかります。


DSC04883.jpg
記念式典での舩木直美村長!

07.jpg
小菅の湯ロータリーで路線バスの出発式も行われました。
西東京バス、富士急バス、村営バスが一堂に会しました。


また、大月駅方面から富士急山梨バスが小菅の湯に乗り入れを開始しました(平日限定)!いままで公共交通機関(路線バス)でのアクセスは奥多摩駅方面と上野原駅方面(季節限定運行)からしかできなかったのですが、JR中央本線大月駅からも電車・バスで小菅村に来ていただくことができるようになりました。

↓大月駅から路線バスでのアクセスは以下のリンクからご覧ください↓
FAこすげblog 大月駅からのアクセス

トンネル開通以降、山梨ナンバーははじめとするたくさんのお客さまが小菅の湯駐車場に来てくださっています!大月市や都留市などの方がいらっしゃっているようで、駐車場は平日でも満車に迫る勢いです。

フォレストアドベンチャー・こすげのブログでも開通当日に通ったトンネルの記事を書いていますので、そちらもぜひご覧ください。
祝!松姫トンネル開通!

小菅村の文化・生活・歴史が大きく変わる瞬間に村民として立ち会えたことは、非常に貴重な経験だと思います。このニュースをひとつのきっかけに、小菅村をより多くの方に知っていただける機会にしていきたいです!


さて、フォレストアドベンチャー・こすげは12月13日(土)14日(日)が今年最終営業日となります。が、早くも来年のオープンに向けて水面下でもぞもぞと活動中です!乞うご期待!
もちろん14日も『寒サニ負ケズ』元気に営業中です!より身近な距離になったフォレストアドベンチャー・こすげへお越しください。小菅の湯も営業しています!

ではでは~

【せりか】源流まつり,お松焼き燃やしました!!! - 2014.05.21 Wed

\\はいさい!!わんねー沖縄からちゃーびたん,金城せりかやいび―――――――ん!!!!!//山伏 圧縮


さて,新緑が際立ち初夏を感じさせる今日この頃ですが,みなさまいかがお過ごしでしょうか?
730人の村がその何倍もの人でにぎわった,去る5月4日の源流まつりからもあっという間に2週間。遅ればせながら,その報告をさせて頂きたいと思います。

実は今回,地域おこし協力隊からは初!の山伏を務めさせていただきました。すでに源流まつりに来たことのある方は「あぁ,あれね」となると思います。そう,あれです!!源流まつり,そして小菅村が誇る日本一のお松焼き

お松焼 圧縮
これ!!!
にコスプレして点火する,まつり一目立つ役でございます。

この役は上流(小菅)から村長はじめとする5人,友好都市を結んでいる狛江の市長をはじめとし,川崎や隣村の丹波山からの修験者として5人の構成になっています。そして,春から小菅に移住している私は下流からの修験者でした。村の人間として認めてもらうにはまだまだ道は険しいようです。

さて,この山伏役,終わった今になればあ~楽しかったななんても思えますが,まつりまでは緊張にプレッシャーでした。割と社交的な私ですが,結構場の空気に呑まれやすく,しーんと張った空間の中で大声を発せられる気がまるでしませんでした。しかも,まぁ・・・これは勝手に感じていたことなのですが・・・昨年までは農大の学生からも誰かしら山伏をやっていたのですが,今年はなく。この春まで農大生だった私は,農大生としても見られているんだろうなと思っていたわけです。ちなみに,歴代の農大生山伏はとにかく声がでかい!!特に女子は!-という状況だったので,正直なところ「うわぁ~私あんなに声でねぇよー」と思っていました。

ところがどっこい!

当日に山伏の顔合わせをしてからとにかく楽しみでしょうがない船木村長に,私と同様に「気付くと拒否権がなかった」と言ってここにやって来た方も多く,なんだかほっとして,逆にわくわくしてきました。諸先輩方からの重圧な助言の通り,山伏のセリフははじめに書いた地元・沖縄の方言(「うちなぁぐち」といいます。)で自己紹介をいたしました。訳すと「私は沖縄からやってきた金城せりかです」。実はふつーの自己紹介文。その後に続くセリフ「今日は『情熱』を土産に馳せ参じた」は「ちゅーや,『情熱』を土産にちゃ-びたーん」。今改めて書いてみると,周囲に言われたのも納得するくらい標準語の面影がないですね。けど,この意味の分からなさが印象につけばこっちのもんですよ。開き直った私はその後,幾人かの協力を得,ちょっとしたいたずらを仕掛けました。・・・どんないたずらかって?その答えはこの映像の中です♥
【ムービーリンク】http://www.youtube.com/watch?v=P59w2ITi0Ak&feature=share
源流まつり)8:37~
 お松焼き)10:35~
    注目)10:50あたり


周りの反応も川の水の冷たさも覚えていないんですが,まつりの終わりを告げる花火を見上げながらやりきった!!という充実感を感じました。

花火 圧縮


これまでも源流まつりには学生ボランティアとして参加していたのですが,今回はこの山伏役以外の役割で,今度はその受け入れを担当しました。昨年同じボランティアとして顔を合わせていた学生などもいたので,少し不思議な気持ちでした。今回は,ほとんどの学生が翌日に授業を控えている背景があり,昨年に比べると30人少ないというかなり厳しい状況だったのですが,自分の担当する店が終わると別の店の手伝いに回ったり,初めての参加だったのに「こっちも楽しいんでいいですよ」と1日中店の手伝いをしてくれたりと学生各々が機転を利かせてくれて,大きな混乱なく乗り切れました。受け入れ側になって初めて学生ボランティアの力の大きさを感じました。まつり関係者の方からも「1番忙しい時に来てくれて助かった」「ここが人手が足りないって聞いたんですけど・・・と何人も来てくれた」などの声を聞いて,嬉しくなりました。

今回のボランティアで出会ったことでFacebook上でも新たつながりができたことも個人的な収穫の一つでした。しかも,プロフィール写真やカバー写真が源流まつりのものに替えている人が多くて,それが関わった人たちの中に強く印象に残った証拠のようで,また嬉しく感じました。この場を借りて,改めて。ありがとう!!!
P1110589.jpg  P1110588.jpg  P1110575.jpg  P1110544.jpg




もちろん,このまつりには学生だけでなく,多くの村民の方や近隣,下流地域の方々とも一緒に作り上げています。小菅村内では4月から地区ごとに話し合いから始まり,当日も朝早くから準備をしていました。私の住所を置く川池地区からは山菜おこわが出していたのですが,高齢者率44%の村ではまつりに関わる方の年齢も高く,何十キロというおこわの量はやはりしんどさもあるようで,話し合いでは「もち米の量を減らしたい」という声も聞かれました。でも,「役場のまつり担当も頑張ってるから,協力してやりたいしなぁ~」と,ふんばって出店していました。

DSC_1030.jpg
うっちーの雄姿!!!!


今回,これまでとは違う立場や役割で源流まつりに関わったことで,これまで知らなかった現状も目の当たりにしましたが,これまで知らなかった優しさにも触れました。来年は少しでもこの負担を減らしてあげられるような動き方ができればと考えています。“小菅の子どもたちが誇れる村に”とはじめられたこのおまつり,きっかけはとても素敵だと思うし,だからこそ,終わった時にみーーーーーーーーーーーーんなが「楽しかった」「またやりたい」って思えるものとして続けていきたいですね。



ち・な・み・に
源流まつり2日前に,小菅村小学校の遠足にいってきました≫http://npokosuge.blog90.fc2.com/

  

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

teamkosuge

Author:teamkosuge

山梨県小菅村 地域おこし協力隊

思い立った時に、思い立った隊員が、仕事のことや感じたことを綴ります。いいことばかりじゃないかもしれませんが素直に感じたことを伝えていこうと思います。

「地域おこし協力隊」の詳細>>>

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (157)
自己紹介 (11)
イベント告知 (4)
せっきー (51)
イベントレポート (7)
ういろう (101)
りょーた (132)
でかぶち (90)
こっしー (136)
フォレストアドベンチャー (7)
NPO・源流大 (2)
H26年度 協力隊 (9)
とある日のできごと (11)
小菅村の行事 (5)
日常 (4)
メディア掲載 (1)
イベント報告 (2)
bayたろー (16)
せりか (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。