FC2ブログ
topimage

2020-08

まずは知ってもらうことから。 - 2012.10.02 Tue

先日、甲府富士屋ホテルで開催された「2012農商工連携マッチングフェア」に出展して参りました。

どういうものかというと
「我が社の商品をもっと世に広めたい」と願う出展者と
「いいものがあれば」と求める来場者が出会い、新しいビジネスや展開に繋げようとする催しです。

今回はNPO法人多摩源流こすげとして
マコモタケ、こんにゃく、ワサビ、雑穀、ジャガイモ、という小菅村の特産品、特産品にしたいものを出展して参りました。
特産品の販路拡大はNPOこすげの重要なミッションであろうから
試食を召し上がっていただきながら、小菅村と特産品のPRをしてきました。

DSC00153.jpg


ご来場者は、小売業者さん、料理屋さん、総菜屋さんなど、さまざま。
数多くの皆様と、村の味を通して会話をさせていただくことができて非常に濃密な時間でした。


「もうすこし甘い方が都会の人にはうけるかもね」
「こうしたらもっと売れるんじゃないだろうか」
など、村に閉じ籠っていては聞けないような
プロの目、舌のご感想を伺うことができたことも収穫です。

また、特にジャガイモ富士種に関しては
「新聞に載ってたやつだ」などと、既知の方もいらして
改めて情報発信の必要性と、見てくれている人への感謝をおぼえました。

お忙しいところ、当ブースにお立ち寄りいただいた皆様には改めて感謝申し上げます。


代表取締役、専務、部長…という凄い地位の皆様の中で
山梨の端っこから来た自分も役不足となるぬように、努めておりました。
少し誇張すれば、錚々たる山梨のみなさん向けに村すべての営業に出かけたようなもので
協力隊というのは、本当に奥深く、いろんな仕事を任せてもらえるんですね。



出展者同士の出会いもあり
主催者の方々の計らいもあり、名だたる皆様の前でアピールする時間と機会を与えていただき
恵まれているな、と嬉しく感じました。


こうした地道かもしれないけれど人目に触れる機会を積極的に創造し
そしてなにより、ウマイと思うから広めたい、というような気概を持って
今後もこうした活動を通じて、少しでも村の活性化に寄与できれば幸いです。


そして同時に、いまの社会や食卓に合う「提案」をしていくことで
自分にできる方法で、村が少しでも元気になるような仕事をしていたいです。



りょうた


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

装いは上から «  | BLOG TOP |  » 目にうつるもの、心にうつるもの

プロフィール

teamkosuge

Author:teamkosuge

山梨県小菅村 地域おこし協力隊

思い立った時に、思い立った隊員が、仕事のことや感じたことを綴ります。いいことばかりじゃないかもしれませんが素直に感じたことを伝えていこうと思います。

「地域おこし協力隊」の詳細>>>

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (158)
自己紹介 (11)
イベント告知 (4)
せっきー (51)
イベントレポート (7)
ういろう (101)
りょーた (132)
でかぶち (90)
こっしー (136)
フォレストアドベンチャー (7)
NPO・源流大 (2)
H26年度 協力隊 (9)
とある日のできごと (11)
小菅村の行事 (5)
日常 (4)
メディア掲載 (1)
イベント報告 (2)
bayたろー (16)
せりか (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR